オール・オン・フォーはインプラントの新しい考え方

みなさんの歯は大丈夫ですか?

骨でできているとはいえ、歯というのは意外ともろいものですよね。
きちんと毎日磨いているつもりなのに、虫歯になってしまったりすることもあります。
虫歯に気づかずに長く放置してしまった結果虫歯がひどくなり抜歯するしかなくなってしまうケースも少なくありません。
中にはそれでも放置した結果抜け落ちてしまい、本数も少なくなってしまうのでどうにかしなくてはと歯科に駆け込まれる方もいらっしゃるようです。

オール・オン・フォー(ALL ON 4)は少ない負担で大きな結果が!

あまりも本数が少なくなってしまっていたり、そのためにインプラントをするにもあごの骨が足りない、ということになるとインプラントをするにしても、まずはインプラントを埋め込むための骨を移植してきてからの手術になるなど、話がかなり大掛かりになってしまうのです。
ですがそこで今注目されているのが「オール・オン・フォー(ALL ON 4)」というインプラントのコンセプトです。
これは4本のインプラントを埋め込むことで、全体の歯を固定することを可能にする、というもので、本数が多いインプラント施術の場合などと比較しても、負担が少なく短期間で施術を終えることも可能になります。
通常のインプラントで高額すぎると感じたり、あまり大きな手術となると怖い・・・なんていうことがあったなら、オール・オン・フォー(ALL ON 4)というものがあったな、と思い出してみていただければと思います。