インプラントは保険適用されるか

最近世間を騒がしているインプラント治療ですが、実際に治療をするとなると、1本のインプラント治療で数十万円はします。
この場合、保険は適用されるのでしょうか。
インプラント治療は、基本的には保険は適用されません。
なぜインプラントは保険適用されないのでしょうか。
基本的に、インプラント治療自体が、必要不可欠な治療とは認識されていないことが大きな要因です。

では、インプラント治療はどんな場合でも保険の対象外なのでしょうか。
保険の対象になる場合があります。
それは、病気や自己などによって、広範囲に渡って顎の骨をなくしてしまった場合などでは、インプラント治療は保険の対象になるようです。
普通に虫歯や歯周病などによって歯を失った場合などは、自由治療となり保険対象外となります。
ようするに、普通に生活をしていて、インプラント治療が必要な場合は、まったく保険がきかないということです。
現状は、保険対象外ですが、今後は保険の対象になる可能性はあるのでしょうか。

今後も普通に歯を失った場合のインプラント治療は、保険の対象外になると思います。
そもそも、インプラントがなぜここまで高額なのかが分からないのではないでしょうか。
インプラント治療をするには、相当な時間が掛かります。
そうなると、人件費がかかりますので、治療費が高くなっても仕方がないところです。

これだけ高額なのに治療費に保険「が適用されないのは、他のつうじょうの歯と変わらないくらい綺麗に治療できて、それ以外でも治療ができるのがインプラントの治療となります。
そうなりますと、他の治療法で治療をするようにして安い費用でできますので、高額なインプラント治療は必要ない治療ということで、費用は全額治療者の負担になっているようです。
歯の治療で保険がきかないのはインプラントだけではなく、同じ虫歯治療でも、高額で必要以上の治療と考えられているような治療に関しては、すべて保険対象外となります。