インプラントの費用と大学病院での治療のメリットは?

インプラント治療は、個人病院でも、大学病院でも受けることはできます。
では、インプラント治療を個人病院、そして大学病院で受けるメリットやデメリットについてご紹介します。

大学病院

大学病院での治療のメリットは、口腔外科において非常に豊富な経験を持つ医師が処置を行ってくれる可能性が高くなります。
さらに口腔内だけでなく全身の管理を行うことができます。
重い全身疾患のある方であったり、顎の骨が薄いような場合には、そのままインプラント治療を行うことはできません。

骨を造る手術を行わなければなりませんので、同時に内科などの診療科を併設している病院で治療を受けるというのが理想的です。

病気や事故によって顎の骨を失っている場合には、インプラント治療を保険適用において受けることができます。
この治療を行える施設の基準を大学病院が満たしている場合が多いのです。

また、大学病院は教育、そして研究のためにインプラント治療と同時に様々なデータを採ったり細部まで調べます。
そのため、大学病院であれば、より丁寧な治療を受けることができるといえるのです。

ただし、自宅から遠い場合も多く、待ち時間も長くなります。
また、治療費は比較的高くなりやすいです。

個人病院

個人病院の場合には地域と密着した医療機関として強く責任感を持って治療に取り組んでいることが多いです。
さらに患者一人ひとりと向き合う時間が長いので、細かな対応をしてくれます。

ただし、歯科医師が口腔外科処置においてスペシャリストではない可能性もあります。
クリニックによって技術の高さには違いがあります。