インプラントに生じる費用

インプラントは入れ歯などに変わる最先端の治療法です。
インプラントを行うには、検査をしてから土台の部分がどのような状態なのかで、そのままインプラントを行っても大丈夫なのか、それとも土台を補修してからインプラントを行わなければいけないのかを見極めてから、治療を開始するものです。
インプラントはどのくらいの費用が発生するのでしょうか。
歯科医院によってその治療費は様々で、歯科医院に任されているところはあります。

インプラント費用は、保険対象外となり治療法で、自費で治療をしなければいけません。
この費用としては、色々とありますが、25万円から30万円というのが一般的なインプラントの治療費となります。
これはあくまでも1本のインプラント治療費となり、複数本の場合は、1本の料金に単純に本数をかけたものとなります。
ただし、複数本の治療をする場合は、割引が効く歯科医院もありますので、料金に関しては、歯科医院ごとでだいぶ違ってきます。
保険が効かないインプラント治療なので、どうしても高額の治療費になります。

そのため、インプラント治療を行いたくても、できない人は大勢います。
インプラントは、基本的に、インプラント植立・インプラント上部構造・仮義歯・本義歯の4つの工程に分かれていまして、それぞれで高額の費用が発生します。

インプラント1本行う場合、ある表参道の基本料金を見てみますと、
インプラント植立・・・・25万円
インプラント上部構造・・15万円
仮義歯・・・・・・・・・5万円
本義歯・・・・・・・・・12万円
となり、合計では57万円ぐらいはかかります。

保険が効いたとしても、20万円前後はするということになります。
いかにインプラントの治療がバカ高いかがわかります。
ただし、インプラント治療をすると、自然な歯のように毎日の食事をすることもできて、長い年月そのままの状態で利用できて、植生方は全く不自由することもありません。
さらに、白い綺麗な歯を持つことができますし、入れ歯のように出して洗ったりする必要もありません。